Flight No.0024

愛犬サスケの様子、出会った生き物のこと、その他、私の日常を綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

E動物病院へ(記録として)

9/30。
予約をしておいたE動物病院へ。
そう遠くはないものの車で行くことになるので(車で30分位かな?)
道路の混雑具合など不安もあるから早めに出発。
病院のすぐ隣にあるパーキングに入れて、
30分くらい余裕があったので付近をちょこっとだけ散歩。
歩いたことのない街の匂いに興味津々なサスケ。

予約時間の少し前に病院に入り、受け付け。
初診なので住所や名前などを書いていると、
それが書き終わらないうちに名前を呼ばれ診察室へ。

優しそうな雰囲気の年配のベテラン先生。
とりあえず経緯を簡単に説明すると、
「じゃ、乗せて」と診察台にサスケを乗せるよう指示。
おぉ!低い!床から50cmくらいだろうか?
診察台が低~くくセッティングされていた。これは良い!!!!
いきなり抱えて高い所に乗せるより、
犬にかかる恐怖心、ストレスが絶対に低いよね。

まず、サスケのシコリ3か所(前胸2つと横胸1つ)確認。
ひっぱったり、摘まんだり、いじくって確認。
「もちろん確実じゃないんだけど…」と前置きをして、
「脂肪腫だと思うよ」と先生。
※シコリそのものを切除して病理検査に出さない限り、
 確実な診断はできない。
 針での細胞診やパンチ生検も目安にはなるけど、
 確定診断には至らない。

他にも、8年前に脂肪腫と言われた首のイボや、
つい最近できた鼻先のイボのことも告げると、
首にある古いイボ状のシコリのほうが、
むしろ、”何だかわからない厄介なヤツ”に思える、と。
ただ、それも8年も前からさほど変わらない状態でず~っとあるなら、
悪いものでは無いんだろうね、とのこと。
そして、鼻のイボは
「前日に前足で引っ掻いてかさぶた(?)が取れて血が出た」
と、持参した取れたかさぶたを見せながら説明すると、
これは数ヵ月でポロっと取れるイボかも、と。
(取れる時期は個体差があるようで1年くらいの場合もあるとか)
あまり先生自体このイボに関しては気にしていない様子。

先生的には、前胸の2か所のシコリは「脂肪腫」の判断。
横胸(ろっ骨付近)の1か所のシコリは「脂肪腫だと思うけど判断しにくい」。
とのこと。
…というのも、横胸は肉付きがよくない部分で骨と皮のような感じだから、
摘まもうにも摘まみにくいんだそうだ。
摘まんで引っ張った時に身体から離れるかどうか、
が、わかりにくいってワケ。

更に、前胸をエコー検査。
画面を見ながら「これが脂肪の層で…」と説明してくれたけど、
あの画面に見慣れていないこともあって、
イマイチ見方がよくわからなかった、というのが正直なところ。(汗)

触診+エコーで「脂肪腫」。
細胞を取らずして何がわかる?
切除せず敵(シコリ)の正体もわからず、それで良いのか?
という思いが無いわけではない。
…だけど、
「11歳、麻酔かかりにくい子なら無理に取らなくても良いんじゃない?」
という先生の言葉は私達の中にスッと入った気がする。
なにより、これまで数多くの犬を見てきた大ベテラン先生の見立て。
そしてブリタニーを知っている先生の見解。

何が何でも悪い可能性のあるモノは、取って検査して切って治して…
というのが当たり前になっている今の動物医療。
これまでも散々「この数値だとあの病気の可能性」「他の検査もしてみましょう」
「普通はこんな数値あり得ない」「薬で様子見ましょう」「どこかに異常が…」
とサスケは言われまくってきた。
子犬の頃から数々の先生達の首をひねらせる謎体質だもんね。
でも結局、結果はいつも元気!!元気!!
(ボールの誤飲やフードが合わない時の下痢以外は問題なし)
ってゆーか、実のところ、「病院に行くと病気にさせられる」
という気がしているくらい。(苦笑)

今回のことにしてもそう。
老犬になってイボが出来るたび、シコリが出来るたび、
11才だろうが12才だろうが15才だろうが、
検査して麻酔して手術して…とその都度やっていくの?
という疑問もある。
そんなことしていたら、思い切り遊べないし、走れないし、
ガツガツ食べられないし、精神的なストレスを相当与えるし、
手術なんてなったら肉体なストレスとリスクは計り知れない。
それを繰り返して長生きしてもらう??
それって誰のため?
それより、楽しく充実した生活を送り幸せに生涯を全うしてほしい…
そんな風に思う今日この頃。
もちろんサスケには長生きしてほしい。
だけど、それは「幸せに」長生きしてほしい、なんだ。

毎日、シコリの膨らみを見るたび心配ではあります。
だから、腫瘍の3か所は今後も経過観察は続ける。
腫瘍に関してはE動物病院で定期的に見て貰うつもり。

大丈夫。
鼻だってすごーーーく心配したけど、なんだか組織球種っぽい。
だって更にあの後、またポロっと取れて血が出たものの、
明らかに小さくなっているし。

ところで。今回のE病院で思ったこと。
診察台に乗せる時に低いのってホントすごく良い!
診察の途中で「少しあげるよ~」と言われ少々高くなったものの、
明らかに他の病院より低かった。膝上~腿くらい。
そのせいもあるのか、いつも診察台ではプルプル震えるサスケが
今回は一切震えなかった!
そして、先生が穏やか。
サスケに対する扱い、触り方、声かけ、全体的に穏やか。
私たちがE先生に全てをゆだねている雰囲気をサスケが感じ取ったのか、
サスケもSクリニックとは比べ物にならないくらい診察中に落ち着いていた。
E先生の持つ雰囲気に私たちもサスケもリラックスできたのかな?

そんなこんなで、『サスケ腫瘍問題』ですが、
手術そのものを取りやめる、ということになりました。
とりあえず、記録と報告。

このたびのことで色々と心配してくださった方々、
そして、E病院を教えて下さったブリ仲間に心から感謝します!!
スポンサーサイト
  1. 2017/10/03(火) 00:04:41|
  2. サスケ
  3. | コメント:2

他の病院を検討(記録として)

Sペットクリニックの先生は親身になって話しを聞いてくれるし、
さっさと済ます感じも、偉そうな態度や怖い雰囲気もない。
定期検診やワクチン接種、フィラリアのお薬を貰うなど、
普段の通う「かかりつけ医さん」としては
特に問題なく良い先生だと思う。
(何度も何度も同じ話しをしてくるけど…笑)

だけど…
やはり今回のこと(手術→麻酔安定せず中止)は
サスケも私達もかなり不安になったし、サスケには要らぬ負担もかけたし、
今一度、立ち止まって考えてみたくなったのだ。

ブリタニーという犬種を診たことない(知らない)先生は多い。
これまでも「この犬種は初めてですよ」と病院で言われたことが数回ある。
ということは、
この犬種の「並はずれたパワフルさ」や「驚くほど必要な運動量」、
遺伝疾患の傾向や麻酔他、薬剤に対する耐性、
それに、「おちゃらけて明るい性格」や「賢く独立心旺盛なこと」など、
全く知らないんだよね。
そりゃまぁ、知らなくても仕方がない。
今でこそ随分と頭数も増えたけど、希少犬種だからね。
でも、だから、こういった事態になった時、
やはり何となく頼りなく感じたり、心配になってしまう。

ガンドッグ(鳥猟犬)を知ってる先生、
できればブリタニーを診たことのある先生に
サスケを診察して貰いたい…。

1号も同じ考えだったので、心許せるブリ仲間に相談。
ありがたいことに良さそうな病院を教えて頂いた。
そんなわけで、近いうちにそちらへ行ってみるつもり。
さぁ、そうなったら、「検討します」と言ってそのままになっている
Sペットクリニックの先生に何て言おう?(汗)
少し悩んだけど、素直にそのまま話してみることにした。
もしこれで嫌な態度に出る先生なら、その程度の人だったってことだし。

で。
本日、午後イチで1人病院へ。(サスケはお留守番)
雨だからか幸い患者さんは誰もおらず、ゆっくり先生とお話しできた。
先生は「他の病院でも、てんかん発作誘発の恐れからケタミンは使えないし、
アルファキサンも安定しないんだから、後はプロポフォールで手術しかないんだけどね」
つまり、「他に選択肢はない」ということを何度も言っていた。
当然、「全身麻酔で手術ありき」な感じ。
がしかし、「鳥猟犬を知っていてブリタニーを診たことがある先生」という点においては
「麻酔に対する傾向や、犬種ならではの何らかの情報を持っているかもしれない」
と理解を示してくれて、
「他の病院でもサスケも診てもらって、話しをきいてみたい」
という私の言い分をわかってくれた。

そんなわけで、レントゲン写真の貸出と報告書(申し送り書)を依頼。
レントゲン写真は、たまたま機材が壊れててデータがパソコンでしか見られない、
とのことで、後日(月曜日以降)受け取りに行くことになった。
報告書は、麻酔が効かず何も行なっていない(=行なえていない)状態だから
特に必要ないでしょう、とのこと。
受け取るのを忘れていたSDMA(腎機能)の検査結果の用紙を貰い、
「また報告に来てくださいね」と言われ、病院をあとにした。

ふぅ。何となく疲れた。
だけど、これで何か道が開けるかも。
良い選択肢に出会えるかも。
麻酔に対する不安が軽減するかも。
サスケの身体の状態に一番適した良い方法で治療が行なえますように!

よし。
セカンドオピニオン、行ってみるとしよう!!!
  1. 2017/09/22(金) 19:38:14|
  2. サスケ
  3. | コメント:0

手術の予定が…(記録として)

9/16。手術当日。
前日(15日)夜は20時以降は何も食べちゃダメ。
以降、当日の朝ごはんも抜きの絶食。
当日朝までは水は飲んでOK。
…という、手術前の注意をきちんと守り、
「腹ヘッター!」というサスケをなだめつつ12時に病院へ。

手術前の同意書を書いて、診察の順番を待って、いよいよサスケの番。
結局、先生からは「今回、麻酔はアルファキサンでいきましょう」という提案。
以前(2015年11月1日)に突然発作(?)らしきものを起こした際、
その症状や状況から当時の診察では「ヘルニアの疑いあり」だったんだけど、
その時に先生に「てんかんの疑いも捨てきれない」と言われている。
「てんかん持ちの可能性が否定できない以上、
ケタミンは発作を誘発する恐れがあるし、使いたくない」とのこと。
そんなわけでアルファキサンに決定。
数日前に突如でき始めた鼻先のポチ(直径5mm程度のイボ)についても伝えた。
レーザーで処置するということで、一緒にやってもらうことにした。

麻酔前の注射(2本)をされて奥へと連れていかれるサスケ。
手術は14時頃から行なわれる予定。
1時間半はかかるだろうとのこと。
夕方、手術が済んだら電話をくれるとのことなので、家で待機。

16時になっても電話がかかってこなくて胃が痛くなる。
16時半、電話。
電話に出ると先生から予想外の言葉が…!!
「麻酔(心拍)が安定しなくて手術中止しました。
この後、もう1度トライしてみたいので良いですか?」と。
「ダメそうなら無理をせずに中止しますので」とのことで承諾。

そして再び電話を待つ。嫌な時間。
胃が痛くてどうしようもない。何も手に付かない。
ピアノの練習して何とか気を紛らわす。
しばらくして電話あり。
結果、やっぱり安定せず手術は無理との判断。
今は意識もあるし元気だけど点滴をしておきたいので、
もう少しこのまま病院に置いておくので、
19時頃に迎えに来てください、と言われる。

はぁーーーーーーーー。
生きた心地がしないよ。
待ってる間はもう本当に気分は最悪だった。
サスケにも無駄に麻酔したことになり、かなり気の毒なことをした。

迎えに行くと興奮MAXなサスケ。
不安と恐怖、空腹で興奮しまくり。
麻酔の影響が喉にまだ残ってる可能性があるから、
今夜も夜ご飯は控えるよう言われた。可哀想に…。(T_T)
叫びに近い吠え声を連発。
車に乗っても叫ぶ。
何かあると叫ぶ。
帰宅しても鳴く。
そわそわ動き鳴く。
そして、夜ご飯がもらえないことに文句を言う。
腹減ったー!と抗議。
そして、疲れて就寝。
こうして長い長い1日を終えた。
ごめんね、サスケ。大変な日だったね。

はてさて。
どうしたものやら。
先生は「今度はプロポフォールで来週末にでも再トライ」
と言っていたけど、正直、素直に「ハイ」と即答できない自分がいる。
それは1号も同じなようで、とりあえず、その場で答えを出さず
「家で再検討します」と言って帰ってきた。

よく考えなくては…。
  1. 2017/09/18(月) 00:42:23|
  2. サスケ
  3. | コメント:0

術前検査(記録として)

9/12。
手術前検査でSペットクリニックへ。

まず麻酔の導入剤に何を使うか、先生と相談。
子犬時代にH動物病院で開腹手術した際に使用した薬は
10年以上経過していたためカルテが残っておらず不明だったので、
以前2011年に札幌で、全身麻酔をした時(歯の破折処置)の
Mペットクリニックへ問い合わせた結果、
プレメディノルはドミトール+ケタミンだったことが判明したけど、
プロポフォールやアルファキサンが主流となっている今、
「僕はケタミンは使いたくないなぁ~」と先生。
でも、新しい薬がサスケの体質に合う麻酔導入剤かどうかは
これまで使ったことがないから勿論わからないわけで、
だったら以前、使用して大丈夫だったケタミンにすべきか…、
うーん…、と先生は頭を抱えていた。

先生の意向としてはアルファキサンを使用したい様子。
手術までのあと数日、もう少し情報を探ってみて、
ブリタニーという犬種や今回の手術内容・状況においてケタミンのほうが良い!
というプラスの要素が特に見つからなかったら、
その時はアルファキサンで、ということになった。
それで承諾。

採血して血液検査。
数値は全体的に良好でホッ。
多飲多尿のサスケだけど腎臓の数値もやはりOK。
(先生はいまだに謎がっているけどね)
肝臓の数値もOK。
止血障害となりそうな数値も貧血傾向もなし。

で。レントゲン。
ボール誤飲以来のレントゲンにちょっとドキドキ。
どうしよう、胃の中にボールやら何やら色々写っていたら…
なんて考えてしまった。(笑)
診察室の裏へ連れて行かれるサスケ。
「はい、もうちょっと~我慢~動かないで~」と
先生の声だけが聞こえてくる。
戻ってくると情けない表情でヘナヘナ。テンション下がりまくり。(苦笑)
だけど、チーズを出せばちゃっかり食べる。食べる。食べる。
うん、これなら大丈夫。

レントゲン写真は診察室ですぐに見ることができ、
先生は、「良い写真が撮れた!」と喜んでいた。
良い写真…というのは、=イコール状態が良い、ということ。
・心臓の境界線がはっきりしている
・肺に濁りやモヤモヤがなくクリア
・気道の太さが均一で綺麗
・鼻からの気道と口からの食道が並行に伸びている
などなど、良い点を説明してもらったよ。

これで術前検査は終了。
あとは16日当日。
問題が何もなくて本当に良かった。
少し不安も減るね。

手術したらしばらくはシャンプーも出来ないということで、
サスケの丸洗いも決行。(9/11)
術後、エリザベスカラーでの「パラボラ生活」は大変!
だけど、洋服を着せておけばOKという先生の言葉で、
北海道時代に来ていたTシャツタイプの服を用意。
がしかーし、よくよく話しをうかがって再確認すると、
めくれるおそれがあるので足まで通すタイプの服が良い、とのこと。
急遽、術後服をネットで購入。
…と書いていたら、届いた!
サイズが不安だったので、早速、着せてみる。

ププッ。(*´m`*)
に…、似合ってるよ…。ククク…。(笑)

=====本日の診察費=====
再診料(ワンちゃんの日だった) ¥0
採血料 ¥800
術前セット(レントゲン他) ¥10000
+税8%

(アニコム保険適用)
自己負担額 ¥5830
  1. 2017/09/14(木) 00:58:48|
  2. サスケ
  3. | コメント:0

病院へ(記録として)

サスケのシコリ(腫瘍)切除の手術を受けるに当たり、
術前の検査を兼ねて1号と共にサスケを連れて病院へ。

ちょうど来週に夏休みを取る予定をしていたので、
休みの半分を手術にあてられれば、と思い、
先生に希望の手術日を伝えると、
もう他の子の予約が入っていて無理だった。

…ということで、
夏休みはそのまま予定通りの休暇にして、
手術は16日(土)にすることになった。
17.18日と連休だからその日程でも都合は良い。
やはり手術後に2人とも忙しいのは避けたいからね。

麻酔は慎重に行ないたいと先生も言ってくれいて、
「かつてサスケが使ったことのある麻酔薬を知りたい」
ということだったので、H動物病院に電話して、
子犬の頃のボール誤飲→開腹手術の際の麻酔について
問い合わせたけれど、なんせ10年を超過していたため、
カルテが残ってなくて不明。残念。

で!思い出した。
北海道時代にも、歯の平板破折で麻酔したっけ!
(その時は麻酔したものの見てみたら手術には至らずに済んだ)
近いうちにMクリニックに問い合わせをしてみよう。

どうせ全身麻酔で手術するなら…と、
もしも可能なら「歯石の除去」もお願いすることにした。
それ自体は先生いも賛成してくれたけど、
シコリの切除が3か所もあるのでそれに時間がかかるおそれもあり、
そうなった場合、麻酔の効き時間との兼ね合いで、
絶対に無理はしたくないので、
歯石除去までできないこともあるかもしれない、ということだった。
もちろん了承。

あとは、これまでの薬剤アレルギー(メタカム←大丈夫な場合もあり)や、
ひどい副作用のあった薬(プレロン←今回は関係ないだろうけど一応)を伝え、
かつての血液検査での止血障害に関係してきそうな引っかかった項目を伝え、
時々、逆くしゃみがあることなんかも伝えておいた。

術前検査は改めて12日に行なうことになった。
検査の結果に問題がなければ手術は16日。
麻酔のかかり具合にもよるけど、
殆どの場合、当日のうちに引き取れるとのこと。
入院なんてことになってジッとケージでの安静を要すると、
サスケはそのせいで別の病気になりそうなので、
すぐに退院は助かる。

あ。費用の見積もりを聞かなかった…。(汗)
いくらくらいになるんだろ?
次回、忘れず聞かなくては。
  1. 2017/09/03(日) 00:58:39|
  2. サスケ
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。