FC2ブログ

Flight No.0024

愛犬サスケの様子、出会った生き物のこと、その他、私の日常を綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手術の予定が…(記録として)

9/16。手術当日。
前日(15日)夜は20時以降は何も食べちゃダメ。
以降、当日の朝ごはんも抜きの絶食。
当日朝までは水は飲んでOK。
…という、手術前の注意をきちんと守り、
「腹ヘッター!」というサスケをなだめつつ12時に病院へ。

手術前の同意書を書いて、診察の順番を待って、いよいよサスケの番。
結局、先生からは「今回、麻酔はアルファキサンでいきましょう」という提案。
以前(2015年11月1日)に突然発作(?)らしきものを起こした際、
その症状や状況から当時の診察では「ヘルニアの疑いあり」だったんだけど、
その時に先生に「てんかんの疑いも捨てきれない」と言われている。
「てんかん持ちの可能性が否定できない以上、
ケタミンは発作を誘発する恐れがあるし、使いたくない」とのこと。
そんなわけでアルファキサンに決定。
数日前に突如でき始めた鼻先のポチ(直径5mm程度のイボ)についても伝えた。
レーザーで処置するということで、一緒にやってもらうことにした。

麻酔前の注射(2本)をされて奥へと連れていかれるサスケ。
手術は14時頃から行なわれる予定。
1時間半はかかるだろうとのこと。
夕方、手術が済んだら電話をくれるとのことなので、家で待機。

16時になっても電話がかかってこなくて胃が痛くなる。
16時半、電話。
電話に出ると先生から予想外の言葉が…!!
「麻酔(心拍)が安定しなくて手術中止しました。
この後、もう1度トライしてみたいので良いですか?」と。
「ダメそうなら無理をせずに中止しますので」とのことで承諾。

そして再び電話を待つ。嫌な時間。
胃が痛くてどうしようもない。何も手に付かない。
ピアノの練習して何とか気を紛らわす。
しばらくして電話あり。
結果、やっぱり安定せず手術は無理との判断。
今は意識もあるし元気だけど点滴をしておきたいので、
もう少しこのまま病院に置いておくので、
19時頃に迎えに来てください、と言われる。

はぁーーーーーーーー。
生きた心地がしないよ。
待ってる間はもう本当に気分は最悪だった。
サスケにも無駄に麻酔したことになり、かなり気の毒なことをした。

迎えに行くと興奮MAXなサスケ。
不安と恐怖、空腹で興奮しまくり。
麻酔の影響が喉にまだ残ってる可能性があるから、
今夜も夜ご飯は控えるよう言われた。可哀想に…。(T_T)
叫びに近い吠え声を連発。
車に乗っても叫ぶ。
何かあると叫ぶ。
帰宅しても鳴く。
そわそわ動き鳴く。
そして、夜ご飯がもらえないことに文句を言う。
腹減ったー!と抗議。
そして、疲れて就寝。
こうして長い長い1日を終えた。
ごめんね、サスケ。大変な日だったね。

はてさて。
どうしたものやら。
先生は「今度はプロポフォールで来週末にでも再トライ」
と言っていたけど、正直、素直に「ハイ」と即答できない自分がいる。
それは1号も同じなようで、とりあえず、その場で答えを出さず
「家で再検討します」と言って帰ってきた。

よく考えなくては…。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/18(月) 00:42:23|
  2. サスケ
  3. | コメント:0
<<他の病院を検討(記録として) | ホーム | 術前検査(記録として)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。