Flight No.0024

愛犬サスケの様子、出会った生き物のこと、その他、私の日常を綴ります

背面移動のイモムシ!?

先日、謎な幼虫と出会いました
(注意一番下に幼虫画像あります)

アスファルトにいたその幼虫、
見た目はまるでカブトムシの幼虫。
そう。あの、白くてコロッとしたイモムシです。
最初に見つけたヤツは、
まさにクルンと丸まっていたので、
カブトムシの幼虫そのものな感じ。
…でも、こんな所に何故?
普通、土の中にいるんじゃないの?
きっと、鳥に餌として捕まえられて、
更に、運ばれてる最中に落っこされたんだな、
と、その場は勝手に解釈&納得した私。

ところが。
数メートル先でも同じような幼虫を発見。
しかも、今度は丸まってなくて動いてる
ってゆーか、元気に歩いてる!(進んでる!)
嘘、ウソ、うそでしょ~?
カブトムシの幼虫がアスファルトをこんな風に歩く?
見てるとビックリするほどに速い。
すぐ近くに2匹もいたとなると、
鳥が運んだ(落とした)わけじゃなさそう…。
うーん、謎だ…

じゃぁ、似てるけど、
やっぱり違う何かの幼虫なんだろうなぁ。
これは後で調べなくちゃ!
ということで、すぐ確認用にマクロ撮影
地べたにしゃがみ込んでイモムシを撮影する女。
どうみても変な人なので、急いで撮影。(笑)
…ん?
撮影する為に、ぐっと近寄ってビックリ!
んん?どういうこと?
何、これ?
どうなってんの?

何と、その幼虫、ひっくり返り背中で歩いていた!
見れば見るほど不思議な恰好。
ひっくり返っているので、
6本の小さな手がツノのように見える。
謎すぎる…。

で、帰宅後、ネットやら図鑑で調べてみました。
どうやら「ハナムグリ」の幼虫みたい
ハナムグリやコガネムシ、カナブンなどは、
カブトムシの幼虫とそっくりなんだって。
まぁ、仲間の昆虫だから、そりゃ似てるよね。
でもって、背中で歩くのが「ハナムグリ」の特徴!
いやぁ~。
あの「背中で歩く姿」は衝撃的だったので、
正体がわかって良かった、良かった


立派なハナムグリになるんだぞ~。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/06(木) 11:06:37|
  2. 生き物
  3. | コメント:0
<<サスケの夢が遂に実現!? | ホーム | 生き物いろいろ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する